Melbourne

メルボルンの旅の記録を残しておきたいと思います。 目が回るぐらいこの2週間はたくさんの方に出会い、見て、感じてきました。 そんなオーストラリア期間の後半「メルボルン」編です。 1日目 メルボルンへ到着し、あやこさんとも無事合流。 ケアンズに比べて、気温も下がり、乾燥していて、夏ですが朝夕は日本の秋頃の季節です。 ただ、日中は暑くなるので、メルボルンは1日の間に四季があると言われているそうです。 そしてようやく噂の「シンさん」とのご対面。 「喜びの舞」を玄関で行い、その後「初めまして(笑)」の挨拶です。 あやこさんも、しんさんも何故か前から仲良くしていた友人かのようなファーストコンタクトでした✨ そしてメルボルンの「信」という超有名な日本食レストランでシェフとして働いているシンさんに夕食を作っていただき、ミーティングなどをして1日目を終えました。 それにしても、シンさんとは以前もどこかで会ってたか、前世で友達だったかのような感覚です(笑 2日目 朝の集合時間が決められており、その時間に行くとなんとまぁ豪華な朝食が💦 朝食のために前日の夜から仕込みをされるかたを始めて見ました(笑 この1週間、お二人ともお忙しい中お休みを取ってくださりずーっとお世話をしてくださいました。 本当にありがとうございます。 この日は買い出しや、準備などをし夕方から「豪州三宅会」の皆さんと日曜日の演奏のためにリハーサルを行い、1日 を終えました。 3日目は 午前中からメルボルン観光へ行ってまいりました。 メルボルンで一番老舗のカフェや、落書き通りなどなどダウンタウンのあたりを一通りご案内いただき

「Cairns」

オーストラリア期間も半分が過ぎましたので、一度旅の記録を残しておきたいと思います。 無事にケアンズに到着したのは、朝の5時頃でした。 早朝にも関わらず空港までお迎えに来てくださった、ドラム無限大のマキコさんと学さん。 まずは軽い打ち合わせを兼ねて、空港内にあるカフェでコーヒータイムです。 その後一旦、マキコさんとは別れ今回のホームステイ先である浅井学さんにケアンズの街を案内していただきました。 まだ、朝の6時頃だというのに街はランニングなどをしている人がたくさんおり、学さんに聞いてみると「ケアンズの人は夜早く寝て、朝早く起きるんです」と。意識高い!(笑 学さん宅に到着し朝食を頂いたのですが、 白米に味噌汁という完璧な組み合わせでフライトで疲れていた胃袋が喜んでおりました。 ここで頂いた味噌汁がとても美味しく、お聞きしたらひよこ豆を使った自家製の味噌とのことでした。 塩っぱいけど、甘みもある何杯でも飲みたくなる味でした。 奥様のヤスエさん、毎日美味しい食事をありがとうございました。 胃袋を満たした後は、 ケアンズにある「ラグーンプール」へ行き、早速泳いできました! ビーチの目の前に人口で屋外型プールが作ってあるんですが、当初は何故そのままビーチには入れないのか疑問に思っておりました。が、サメやワニ、危険なクラゲなどがおり、ケアンズの海はどこでも入れるわけではないとのことでした。 それを聞いたら、全然プールで大丈夫です(笑 昼食を食べ、身支度をし、夕方からはライブの合わせをしに、練習場へ。 無事練習を終了し、1日目が終了しました。 2日目、、 ケアンズは僕が来る寸前まで大雨だっ

「和太鼓ユニット光(KOH)20周年記念公演」

2月9日は学生の頃よりお世話になっている、和太鼓ユニット光の20周年記念公演にゲストとして出演させて頂きました。 まず、ゲストという感覚が変な感じです、、、。 お二人との出会いは高校生の頃で、僕の人生史上一番生意気だった頃です。 「プロになりたいです」と言って、全然知り合いも関係も無かった集まりの門を結構な強さで叩いたことを覚えてます(笑 高校生の頃は「爽風太鼓衆」というチーム(光のプロデュースチームだった)に入らせて頂き、練習に励みました。 ちなみにまといの会にいる山田健悟くんとはこの頃からの付き合いです。 光のお二人には、県内外問わずいろんなところに演奏やスタッフとして連れて行って頂きました。 それからTAOや鼓童を経て、2017年に愛知へ帰って来てからもすぐにお声がけいただき、地元での初舞台は「光響彩」というお二人が2年に一度行う和太鼓の祭典でした。 そして、今回の20周年と、、、。 師匠とこうして、同じ舞台に立たせていただけることに感謝の気持ちしかありません。 学生の頃に「民俗芸能」は格好いいという感覚を覚えれたのも、このお二人の下で練習していたからです。 本当に本当にありがとうございます! これから益々のご活躍を心からお祈りをするとともに、 なにかお手伝いできることや、困ったことがあればすぐにでも駆けつけます! 20周年おめでとうございます! 共演者の皆さんとも交流できてよかったです。 特に邦楽3人チームは同世代で、いろんな話やくだらないことなどしてました(笑 、、、アンコールで大太鼓の音がデカすぎるってお客さんに言われたのは、、、、確信犯です(笑

まといの会 稽古報告

本日もまといの会の稽古です! 祝日とはいえ仕事のメンバーが多く、今までの稽古日で一番人数が少なかったです。 それでも、普段はあまり出来ない基礎稽古や細かい練習が出来、かなり充実した時間となりました。 そんな中、女性メンバーのアキが少し早めのバレンタインチョコを持ってきてくれました! 持ってきてくれるだけでもとても嬉しいのですが、最高の気遣いが込められた世界一の義理チョコです(笑 こういう心遣いが出来る人って本当にすごいですよね。 ただ物を揃えることはできても、プラスで自分の時間を割いて相手のことを考えれるのって本当に素敵だし、 真似していきたいと思います。 アキ、ありがとう! さて、明後日よりオーストラリアです。 しばらくまといの練習が出来ませんが、今回の旅で得たものをまといの会でも活かせるように全力で取り組みます。 最後に休憩中のケイタ氏の写真を、、、(笑

「キッズサポートさんにて」

今週1週間は、キッズサポートさん、ユニット光の20周年記念公演、小牧でのワークショップなど記録に残したいことが沢山ありますが、まずは、キッスサポートさんでの子供達との交流を記録に♫ キッスサポートさんは僕の故郷である安城市高棚町にあります、発達支援や通所支援などを行なっている施設です。 http://kids-support.jp 昨年より、不定期ですが和太鼓を使ったワークショップなどで関わらせて頂いております。 前回は、小学生以上で今回は小学生未満の子を対象に行いました。 いやー、とってもとっても素直でこの子たちと一緒にいるだけで、幸せだなーって感じさせてくれます。 この子たちの持っている力は一体なんなんでしょう。 可愛くて可愛くて仕方がありません。 今年もどこまで関わらせていただけるか分かりませんが、この活動は一町民として、なんとか続けていければなと思っております。 というか、続けたいです。自分のためにも(笑 その後は、所長の加藤さんともその世界のお話や、今後のことなどご相談させていただき、またやりたいことが増えてしまいました! まだ未確定ですが、2020年の1月の第1週の日曜日に、誰もが太鼓を通して友達になれる機会を名古屋で作ろうと思っておりますので、楽しみにしていてください♫ 掲載の許可もいただきましたので、素敵な写真もご覧ください^^b キッズサポートの皆さん ありがとうございました!!

「まといの会 稽古報告」

初めまして! 名古屋を中心に活動をしている 和太鼓「後夜祭」というチームに所属しております、天野 弘道(あまの ひろみち)と申します。 どうぞよろしくお願いします。 昨年11月から活動を再開し、早いものでもう3ヶ月が経ちました。 そんな私は、このまといの会に入ってようやく稽古に参加出来た“超”新参者でございます。 私個人、一発目の練習だったのでただひたすら緊張してました。。 曲はついていけるのか。。 メンバーの輪の中に溶け込んでいけるのか。。 でも稽古が始まれば楽しいのなんの! メンバーは気さくに話しかけてくれますし、盛り上がる輪の中に混ぜてくれます。 何より、全員の太鼓愛が凄いんです! 太鼓に対する姿勢が常に全力なんです! それは「まといあわせ」という目標に全員が全力で取り組んでいる証。 今年も「まといあわせ」を通して皆様に感動と笑顔をお届けできる様、メンバー一丸となって、楽しく、真摯に、全力で取り組んで参りますので、今後ともご支援ご声援の程、よろしくお願いいたします! まだまだ寒い日、寒暖差の激しい日が続きますが、皆様もお身体には十分にお気をつけてください。

アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

© 2020 SHUNICHIRO KAMIYA OFFICIAL SITE.

SHUNICHIRO ​KAMIYA

神谷俊一郎/まといの会 公式サイト

旗元企画​│Mail   nippon.taiko.outreach@gmail.com

     TEL   0566-87-7958