実りある日々。

先日も、まといの会は熱い稽古を行なっておりました。 ありがたいことに演奏機会も増えてきて、より一層熱がこもってきました! ユースとの合同稽古も、3回目となりました。 まだ少しの時間しか共有できていませんが、彼らの成長を見ていると、紛れもなくかけがえのない時間を過ごせているように感じます。 最近、ふとある事がきっかけで、「生きることの意味」を真剣に考えることがありました。 仕事をする、家庭を持つ、子を育てる、大きな事を成す どれもとても大切なことではありますが、どれか一つだけが大切なことだとは思えませんでした。 結局、自分が何をする為に生まれてきたのかは分かりませんでしたが、人生の最期を迎える時に、「やり切ったな!」と思える人生にしたいと、ただそれだけを思いました。 特別なことをするのではなく、好きなことでも嫌なことでも、一所懸命に無心にやることが出来れば、人生は豊かになるのではないかと思っています。 それが、自分が太鼓をしている理由なのかもしれません。 まといの会の稽古が終わると、メンバーが上手くなっているのを目の当たりにして、次はもっと頑張ろう!と思うことが出来ます。 こんなご時世だからこそ、来るべき時に向けて、実りのある日々を過ごしていきたいと思います。 聚楽衆 煉  野木 敬太

アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

© 2020 SHUNICHIRO KAMIYA OFFICIAL SITE.

SHUNICHIRO ​KAMIYA

神谷俊一郎/まといの会 公式サイト

旗元企画​│Mail   nippon.taiko.outreach@gmail.com

     TEL   0566-87-7958