top of page

まといあわせを終えて 第7弾

● 梵迦 杉本佳奈美 ●


「まといあわせ にご来場いただきました全ての皆様へ、まずはお礼申し上げます。


2年間という準備期間を経て、ご覧いただいた時間はいかがでしたでしょうか?


旗揚公演と同じ舞台。

そして、個人的には、「暮の空」を、また同じ場所で演奏できたのが、とても感慨深いものとなりました。


公演後、たくさんの心温まる言葉をいただきました。

その中でも特に、今年のまといあわせは、子どもたちからの意見を直接聞くことの多い機会となりました。


「一緒にあの曲を吹きたいから、まといあわせを見た後日、学校から帰ったら、まといのDVDを見ながら笛を練習してます!」


そんな言葉を子ども達から聞くことができました。


「大人が心から楽しんでいる」

私が大好きなこの景色が子どもたちの何かに響いたのであれば、とても嬉しいです。


まだまだ先の見えない日々も続きますが、

「本気で楽しむ大人」の姿に何かしら感じてもらえるものがあるのだとしたら、私はその景色を伝えていきたいと思います。


最後に、

ご来場いただきました全ての皆様、

また、支えて下さった全てのスタッフの皆様、

そして何よりも、まといのメンバー

心からありがとうございました。


またここから素敵な景色を求めて進んでいきたいと思います。

そして、その景色が少しでも多くの方に届きますように。」




● 夢眩 山田健悟 ●


「仲間と創り上げる

『まといあわせ』という最高のひととき。


熱く尊敬できる仲間がいるからこそ、

自分も負けじと熱くなり無心で頑張れます。


いいものを創り上げる為、

チームの垣根を越えて刺激し合い、

叱咤激励が仲間を鼓舞させます。


みんなの共通点は簡単で

『和太鼓が好き』ということ。


この気持ちを忘れずに、

そして仲間と支えて下さる方々への感謝の気持ちを忘れずに、

これからも精進して参ります。


本当に有難う御座いました!!」



Comentários


最新記事
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page