Melbourne

February 26, 2019

メルボルンの旅の記録を残しておきたいと思います。
 

目が回るぐらいこの2週間はたくさんの方に出会い、見て、感じてきました。

そんなオーストラリア期間の後半「メルボルン」編です。

 

1日目

メルボルンへ到着し、あやこさんとも無事合流。

ケアンズに比べて、気温も下がり、乾燥していて、夏ですが朝夕は日本の秋頃の季節です。
 

 

ただ、日中は暑くなるので、メルボルンは1日の間に四季があると言われているそうです。

そしてようやく噂の「シンさん」とのご対面。

「喜びの舞」を玄関で行い、その後「初めまして(笑)」の挨拶です。

あやこさんも、しんさんも何故か前から仲良くしていた友人かのようなファーストコンタクトでした✨
そしてメルボルンの「信」という超有名な日本食レストランでシェフとして働いているシンさんに夕食を作っていただき、ミーティングなどをして1日目を終えました。

それにしても、シンさんとは以前もどこかで会ってたか、前世で友達だったかのような感覚です(笑

 

 

 

 

 

2日目

朝の集合時間が決められており、その時間に行くとなんとまぁ豪華な朝食が💦
朝食のために前日の夜から仕込みをされるかたを始めて見ました(笑

この1週間、お二人ともお忙しい中お休みを取ってくださりずーっとお世話をしてくださいました。

本当にありがとうございます。

この日は買い出しや、準備などをし夕方から「豪州三宅会」の皆さんと日曜日の演奏のためにリハーサルを行い、1日

を終えました。

 


3日目は

午前中からメルボルン観光へ行ってまいりました。
メルボルンで一番老舗のカフェや、落書き通りなどなどダウンタウンのあたりを一通りご案内いただき、

昼過ぎには1万歩歩いておりました(笑
何箇所か電線のところに靴が引っ掛かっていたので、なんだろうと思っていると、シンさんから衝撃的な説明が!
「あれはドラッグが売っているっていう目印だよ」と💦

まじかー!と思い焦っていると、今はアーティストの人がオブジェとして飾ることが多くて、昔の話だけどね。と加えてくださり、一安心(笑

今回お伺いしたケアンズとメルボルンは自身の印象や、住んでいる方から聞いた感じだと日本より安全そうです。

メルボルンは大都会なのに、夜になると虫の音が聞こえて来る程、静かで心地よい夜でした。

 

そして、歩き疲れて一度帰宅し、夕方からは「担ぎ桶 初級」ワークショップを行いました。

三宅会以外にも、メルボルン1の老舗チームの「和太鼓竜胆(リンドウ)」さんからもたくさんお越しいただき、素敵な時間を過ごさせていただきました。

初級とは言うものの、皆さん普段疑問に思っていることをぶつけてきてくれてとても有意義な時間になりました。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


4日目!

朝食がステーキ!
さすがに驚きましたが、お腹がパンパンになるまで食べ、この日は海沿いへ向かいました。

「エクレア」というステキなカフェでソイラテを頂き、予想通りトイレが近くなりました(笑
その後はカラフルな小屋が建っているビーチや、ビクトリアマーケットなどをご案内いただきました!
実はケアンズではあまり海に行けなかったのですが、メルボルンでは行けました。

イメージ通りのオーストラリアの透き通るような美しさに男二人見惚れております、、、(笑

 

ビクトリアマーケットはメルボルン最大級のマーケットで、日用品や雑貨、食材までなんでも揃っており、

物価の高いオーストラリアでもここは叩き売りなども行うぐらい破格でなんでも手に入れることができます!
Tシャツが一枚豪ドルで4$ですので、日本円で一枚500円ぐらいですね〜。
果物、肉、魚に乳製品となんでもあり果物はマンゴー、パイナップルはめちゃくちゃ甘く日本でデパ地下で2000円ぐらいするんじゃない?っていう品が150円くらいで手に入ります✨
肉も魚もチーズも全部デカイ(笑
この日も余裕で1万歩歩き、夕方のワークショップに向かいました♫
「担ぎ桶 中、上級」ということで、打ちまくる感じではなく少し静かなワークショップとなりました。
何か一つでも参加者の皆さんの心に響けば幸いです。
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 


5日目〜
この日は朝から「担ぎ桶」「締太鼓」x2のワークショップです。

和太鼓竜胆さんの稽古場を快く貸してくださった、代表の坂本さんありがとうございました。

まー、マニアックな話もたくさんしましたが、目を輝かせてお話を聞いてくださるのでどんどんエキサイトしてしまいました(笑
ちなみにここまでのワークショップは、春より鼓童のスタッフになるアミちゃんにお願いをしたのですが、

とーってもやり易い♫
参加者のみなさんへ僕が伝えたいことや、参加者からの質問をなるべくそのままに伝えてくれました!

僕は英語がわからないので、おそらくですが(笑 

 

 

 

 

 



6日目!
この日はメルボルンの中心で毎年行われている「日本祭り」へ「豪州三宅会」のゲスト、クローズ演奏で大太鼓の2曲参加させていただきました。
豪州三宅会の皆様の熱い熱い演奏と気持ちに心が打たれてしまいました。

皆さんの太鼓への直向きさに、多くのことを学ばせて頂きました。
ご一緒させて頂き、本当に本当にありがとうございました!
三宅後は光栄なことに大太鼓の独奏で祭りの幕を降ろさせて頂きました。

ご尽力いただきました皆様、ありがとうございました!

 

 

 

 

 


そして演奏後は、みんなでBBQ!
この日は食欲を解禁し、肉にピザにビールに食いつくし、もーお腹いっぱい💦

みなさんとの交流や、同世代で世界で仕事をしている女性ともお話ができとっても有意義な時間でした。

そしてアミちゃんをみんなで送り出し、メルボルンでの生活を終えました。

 

 

綱澤家に戻り、あやこさん、しんさんと3人で話してる最中に表現できないくらいの寂しさを覚えました。

次の日の朝6時にはメルボルンを出発してるんだなと、、、。

今回のオーストラリアは、

ケアンズのマキコさん、メルボルンのあやこさん、しんさん、そして一番最初のキッカケを作ってくださった学さん、

もちろん皆様全員ですが、特にこの4名には心から感謝しております。

まだまだ若手でどんな人間かも分からないような僕を呼ぶことに大きなリスクもあったはずです。

それなのに、お声がけいただき万全過ぎる体制でサポートしてくださいました。

本当に本当にありがとうございました。

 

今回のワークショップや演奏をきっかけにドラム無限大へ9件のトライアル希望があったと知った時は本当に嬉しかった(T ^ T)

 

オーストラリアで繋げていただいたこのご縁を世界中の人にお返しできるように、

これからも日々精進いたします。

 

そして、また戻ってこれた時にはもっともっとレベルを上げて帰ってきます!

初めてのオーストラリアは素敵な方ばかりでした。

オーストラリアの太鼓界がもっともっと広がっていかれることを心から願っております。

オーストラリアの皆さんありがとうございました!

G’day mate✌️
 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事

October 31, 2019

October 30, 2019

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 SHUNICHIRO KAMIYA OFFICIAL SITE.

SHUNICHIRO ​KAMIYA

神谷俊一郎/まといの会 公式サイト

旗元企画​│Mail   nippon.taiko.outreach@gmail.com

     TEL   0566-87-7958